■ ごあいさつ

 株式会社エリオスは昭和45年2月プラスチックの成形メ−カ−としての第一歩を踏み出し、

以来プラスチック製品はもとより関連製品に至るまで幅広く可能性を追求してまいりました。

幾多の混迷と激動の中、創業の精神である『信用第一』『技術の向上』『体質の強化』『協和の精神』

『少数精鋭』に基づき、社員一丸となって省力化・合理化を意欲的に推進してまいりました。

今また、海外製品との価格競争の中いかにして付加価値を生み出すか試練の時期ではありますが、

「創意工夫と挑戦」を合言葉に困難な時代を乗り越える決意でございます。

 皆様方におかれましては、なお一層のご指導とご鞭撻を切にお願い申し上げます。


■ 会社概要

商号 株式会社エリオス 創業 昭和45年2月1日
代表者 代表取締役社長 佐々木 進 資本金 1,000万円
所在地 ●本社
神奈川県南足柄市怒田731番地
●仙台工場
宮城県柴田郡川崎町大字前川北原10−1
●第二工場
宮城県柴田郡川崎町川内字北川原山9−75
事業内容 1.合成樹脂製品: 販売、製造、組立
2.合成樹脂金型: 設計、製造、販売
3.省力化機械装置:設計、製作、販売
4.前名号に附随する一切の業務
社員数 38名(男子26名 女子12名)
建物 仙台工場:1,824
第二工場:1,333
敷地 仙台工場:6,600
第二工場:7,590
役員 代表取締役社長  佐々木進
取締役  大宮喜久江
取締役  大宮勝志
取締役  菊地明作男
取締役  鈴木 実
主要取引先 富士フイルム(株)
ソニーストレージメディア・アンド・デバイス(株)
(株)ミクニ
チヨダエンジニアリング(株) 他

■ 沿革

昭和45年2月 神奈川県南足柄市に創業
昭和45年7月 内藤工業(株)設立
資本金600万円
代表取締役 内藤隆二就任
昭和51年2月 宮城県川崎町に仙台工場建設稼動開始
昭和59年8月 社名を変更 株式会社エリオス
昭和59年10月 代表者変更 代表取締役 佐々木 進就任
平成7年11月 資本金1000万円
平成18年7月 仙台第二工場取得

■ ロケーション

<仙台工場>

敷地 6,600

工場 660  1棟

工場 165 1棟

管理棟 495 1棟

事務所  99  1棟

倉庫 165  1棟

倉庫 240 1棟

<仙台第二工場>

敷地 7,590

工場 716

工場(金型) 300

倉庫 317


■ 主要設備機械

射出成型機 18t〜350t 23台

縦型成形機 2台

印刷機 パット印刷機 1台

ホットスタンピング機 2台

超音波溶着機 5台

シ−ト溶着機 5台

工作機械 フライス盤他 6台

測定機器 三次元測定機他 4台

■ コンタクト

【本社】

〒250−0106 神奈川県南足柄市怒田731番地

【仙台工場】  MAP

〒989−1501 宮城県柴田郡川崎町大字前川字北原10の1

TEL (0224) 84−2379   FAX (0224) 84−5704

MAIL info@eriosu.com

【第二工場】  MAP

〒989−1503 宮城県柴田郡川崎町川内字北川原山9−75

| トップページ | 会社案内 | 技術紹介 | 製造工程 | 製品紹介 | 環境方針 | 容器供給装置 |